Top > 問題の頻出傾向

問題の頻出傾向

ここでは、区分ごとの試験内容や出題される事が多い知識を紹介して、試験を受ける前に自分が受ける試験の「傾向と対策」を知ってもらいたいと思います。
しかし、ここで注意してほしい点が一つだけあります。

それは、ここで紹介する内容が「膨大なネット情報の一つ」だという事です。
私は実際に試験を受けましたが、その試験問題も既に「過去の問題」になっています。
学校の受験と違い、資格試験の問題は「専門性」が高くなるほど、試験の問題は難しくなります。
それに試験を受けない間隔が開くほどに、問題内容は大きく変わっていきます。
なので、情報処理という専門性の高い知識が必要な「情報処理技術者試験」は、ここで見た問題だけ解ければ必ず合格できるという程に簡単ではありません。

その点を忘れずに、ここで紹介する頻出傾向は「試験の基礎知識」くらいに思ってください。
そして、個人が運営しているホームページやブログなどで紹介されている問題だけでなく、書店などで売られている参考書や過去問題集で試験と同じ時間と問題数を設定して実践を積み重ねてください。
そうやって地道に練習を積み重ねることが、実際の試験で合格するための一番の近道になります。