Top > 出題の難易度

出題の難易度

資格試験を受ける場合、多くは「初級」・「中級」・「上級」など、細かな区分がされています。
そして、受ける階級によって、出題の難易度も違ってきます。
もちろん、ここで紹介している「情報処理技術者試験」にも、区分はあります。
その中でも、履歴書やIT関連の会社で持っている方が多い、または受験を推奨しているだろう試験が以下の三つになります。

ITパスポート試験(Information Technology Passport Examination )
基本情報技術者試験(Fundamental Information Technology Engineer Examination)
応用情報技術者試験(Applied Information Technology Engineer Examination)

上から順に「ITパスポート試験(IP)」が「初級」、「基本情報技術者試験(FE)」が「中級」、「応用情報技術者試験(AP)」が「上級」と思ってください。
もちろん、これより更に上級者向けの試験もあります。
しかし、初めて試験を受ける場合は「ITパスポート」か少し勉強してから「基本情報技術者」を選択することをオススメします。