Top > ITパスポート試験

ITパスポート試験

ITパスポート試験とは、それまであった「初級システムアドミニストレーター試験」に代わり、平成21年度の秋から新しく実施される様になった試験です。
ちなみに「初級システムアドミニストレーター試験」とは、サーバーの運営やプログラム等を扱う部署に所属してかを問わず、情報機器の操作に習熟していて、情報システムの利用についてリーダー的な役割ができる人材を評価するための試験です。

対して、「ITパスポート試験」はITに関わる職業の人々に共通して求められる基礎知識を評価する試験なので、情報処理技術者試験の中では最もレベルが低く、ランクで表す際は「スキルレベル1」と表記されます。
年齢制限は設けられておらず、申し込めば誰でも受ける事ができます。

しかし、この「ITパスポート試験」は実施されたのが平成21年の秋期からなので、まだ一般的には普及しておらず、試験内容も「初級システムアドミニストレーター」が高かったので、現場では「ITパスポート」より「初級システムアドミニストレーター」の資格を持っている人の方が頼りにされます。

ただし、「ITパスポート」は試験内容が低くなっても、業界を問わず基本知識を評価するのでIPA(情報処理推進機構)は普及活動に力を入れています。

もし、初めてIT関連の資格試験を受ける方は、基礎知識を認識する意味も込めて「ITパスポート試験」から始めると良いでしょう。