Top > その他の上級者試験

その他の上級者試験

他のページで紹介した試験のほかにも「IPA:情報処理推進機構」では「スキンレベル4」に分類される上級者向け試験が存在します。
ここでは、その試験の名前と内容を簡単に御紹介しようと思います!

1-「ITストラテジスト試験」

ストラテジとは、簡単に言うと「企業の経営戦略」の事です。
なので、ビジネスモデルや企業活動における特定のプロセスについて情報技術を活用して改革・高度化・最適化するための基本戦略を策定・提案・推進、または組込みシステムの企画及び開発を統括し新たな価値を実現するための基本戦略を策定・提案・推進する知識が問われます。

2-「システムアーキテクト試験」

この試験は、ITストラテジストによる提案を受けて情報システム、組み込みシステムの開発に必要となる要件を定義や、それを実現するためのアーキテクチャを設計、情報システムについて開発に必要な知識が問われます。

3-「プロジェクトマネージャ試験」

システム開発プロジェクトの責任者としてプロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資材の確保、計画した予算・納期・品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する為の知識が問われます。

4-「ネットワークスペシャリスト試験・データベーススペシャリスト試験」

ネットワーク又はデータベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守の知識が問われます。
この試験に合格した人は、固有技術の専門家として実践で中心的な役割を果たす為に、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う事が出来ます。

5-「エンベデッドシステムスペシャリスト試験」

組み込みシステム開発に関係する広い知識や技能が問われる試験です。
この試験は現場で最適な組み込みシステム開発基盤の構築や組み込みシステムの設計・構築・製造を主導的に行う人に最適です。

6-「情報セキュリティスペシャリスト試験」

情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守や情報セキュリティポリシーに準拠してセキュリティ機能の実現、又は情報システム基盤を整備し、情報セキュリティ技術の知識が問われます。

7-「ITサービスマネージャ試験」

この試験は、情報システム全体について安定稼働を確保し、障害発生時においては被害の最小化を図り、継続的な改善、品質管理など、安全性と信頼性の高いサービスを企業やクライアントに提供するために必要な知識が問われます。

8-「システム監査技術者試験」

この試験では、自分が企業の中ではなく、外からシステムを監査する際に独立した立場で情報システムや組み込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検・評価し、監査結果を報告・改善、時に勧告する知識が問われます。