Top > 参考書の選び方 参考書を買う前に

参考書を買う前に

今の書店では、多様な資格試験に合わせた参考書が置かれている専用の棚があります。
しかし、その中で自分に合った参考書を探すのは難しい事です。
なので、まず参考書を買う前に、自分のレベルを知る必要があります。

会社や専門学校の場合、入社後の研修後や授業後に行われるテスト等で具体的なレベルを知ることができます。
ですが、個人的な理由などで試験を受ける場合は、どの試験を受けるべきかも分からない場合が殆どです。
そんな時は、図書館を利用しましょう。

図書館では、書店と同じ様に資格試験の参考書を貸し出せる所があります。
実際に図書館に行って参考書に目を通したり、インターネットでタイトルだけで決めても構いません。
ただし、図書館に置いてある書籍は古い場合が多いです。
なので、図書館で見つけた本が欲しい時は、同じシリーズで最も発行年数が新しい本を探してください。

もし、身近に図書館がない、または図書館カードがない人は、書店の方と相談しながら決めるのも一つの方法です。
参考書は試験を受ける上で、必要な知識を身に着ける重要な物です。
なので、書店で「売れているから」「分かり易そうだから」という安易な理由で買うのは止めましょう。
必ず自分に合った参考書を選んで、そこから試験勉強に励んでください。